食品安全方針

1.当社は、食品メーカーとして、お客様の利益を最優先し、安全かつ最高品質の製品づくりに努めます。
2.当社は、食品安全マネジメントシステムを構築し、維持し、定期的な見直しと継続的改善を行い、安全な製品をお客様に提供できるように努めます。
3.当社は、食品に関する法令、規制要求事項、お客様が求める要求事項を遵守し、品質管理活動を推進します。
4.当社は食品安全方針を全従業員に周知し、社員教育及び社内広報活動を通じて安全衛生意識の向上に努めます。

2020 年9 月1 日

代表挨拶

我が国のテーブルオリーブ輸入量は年間4,500トンに上りますが、これを日本の総人口で割ると僅か36グラム。これは当社の最小製品1パック分にも満たない量なので、我が国ではまだテーブルオリーブは殆ど消費されていないと言っても過言ではありません。事実、アメリカでは日本の25倍、スペインでは実に100倍の量が消費されているからです。 株式会社シェリーズは、2012年の夏にテーブルオリーブ製造に参入し、毎年のように新しい製品を世に問うてきました。その結果、首都圏を中心とした小売市場に広く浸透し、消費者から熱烈な支持を得るに至っています。それでも海外メーカーと比べると製造量はまだまだ小さく、今後、更に大きな努力を積み重ねる必要性を実感しています。 近時、品質を向上させるため、ドラム入りの一次原料を輸入して自社で脱塩し、小分け包装後に低温殺菌する製法を開発しました。今後は、これを更に発展させて、オリーブペーストや調味製品なども新たに提案していくことにしています。テーブルオリーブは小さな市場ではありますが、そのなかでもトップランナーになることを目指して日々励んで参ります。 私たちの試みが日本の食文化に影響を与え、日々の食卓にあたりまえのようにテーブルオリーブが添えられている……そんな時代が来ることを夢見て。

株式会社シェリーズ 代表取締役 大村 雅彦

会社概要

社名
株式会社シェリーズ

本店所在地
〒243-0002 神奈川県厚木市元町 6-6
TEL 046-221-2244
FAX 046-221-2251
Email sales@shelleys.co.jp


資本金 3000万円
年商 3億5000万円(令和4年12月期)
事業内容
食品の輸入、製造及び販売 ほか
会社設立 平成 17 年 7 月 14 日


取引銀行
三井住友銀行厚木支店・横浜銀行厚木支店・商工組合中央金庫横浜西口支店


拠点
(1)湘南倉庫ファクトリー
〒243-0026 神奈川県厚木市下津古久 50 湘南倉庫運送株式会社内 食品棟2F
TEL 046-210-4711
FAX 046-210-4714
(2)本社事務所
〒243-0014 神奈川県厚木市旭町 1-9-16
TEL 046-281-8777
FAX 046-280-4449


沿革
平成17年 食品輸入販売を目的に福岡市に設立
平成19年 神奈川県厚木市に本店移転
平成24年 田村町ファクトリー開設
平成25年 取締役会及び監査役を廃止
平成26年 旭町ファクトリー開設
平成29年 湘南倉庫ファクトリー開設
平成30年 田村町ファクトリーを飲食店に改装
令和3年 旭町ファクトリー閉鎖
令和4年 田村町飲食店を閉鎖


主要取引先

(食品卸会社様)
国分株式会社
株式会社日本アクセス
三井食品株式會社
三菱食品株式会社

(小売事業者様)
株式会社いかりスーパーマーケット
株式会社エース
株式会社キャメル珈琲
コストコホールセールジャパン株式会社
株式会社信濃屋食品
株式会社明治屋


許認可
総菜製造業 総菜 (第2018―032―0001号)
漬物製造業 塩漬け (第2021―077―0001号)


PL保険
全国商工会議所ビジネス総合保険3億円加入(証券番号G220753333)


第三者認証
有機JAS輸入業者(日本食品分析センター)
有機JAS生産行程管理者(日本食品分析センター)
FSSC22000(Perry Johnson Registrars, Inc.)[湘南倉庫ファクトリー]


主要設備
(1)湘南倉庫ファクトリー
・自動計量ロータリー式真空包装ライン 一式
・自動計量ガス置換オートマチックトレー包装ライン 2ライン
・自動計量ロータリー式ガスフラッシュ包装ライン 一式
・ベルト式ガス置換包装ライン 一式
・レトルト殺菌機 2台
・スチームコンベクションオーブン 3台